読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GW暗黒人狼会に行ってきたよ

タイトルをtypoして「行ってきたお」になって慌てて修正したことはヒミツです。

というわけで暗黒人狼会に行って来ました。人狼っていうのは最近テレビでも取り上げられてる () 有名なゲームですね。有名なので「人狼ってなんぞ?」っていうのに対してはぐぐればなんぼでも出る出る状態だと思いますので省略します。後述のリンク先を参照するのが早いかもしれません。Wikipedia先生に聞くのも良いと思います。

詳細なオフレポについては恐らく他の参加者の方々から上がってくると思うし、そもそもレポが書けるほどのプレイをした記憶がまったくないので (べ、別に酔っ払ってたわけではありません) 思い付いたことをぐだぐだと書いておこうと思います。

ルールとセオリーをべんきょうしなくちゃね

人狼は名前くらいは知ってたけどそれ以外はまったくもってノータッチだったので、とにかく簡単なルールくらいは知っておかないとなあ、と行きの電車内で以前クリップするだけしておいた 大流行のゲーム「人狼」を超ていねいに解説してみた(エキサイトレビュー) - エキサイトニュース を読んでみましたが、一夜ですらない漬けではまあ当然頭ン中に入るわけもなく実戦でウヒョーってなってました。

(例:ゲーム中で夜が来てGMが「○○ (役職名) さん」とか言うたびに「ああ、そういう役職あったよね」と思うとか)

あと、人間側の役職とか狼側になった時の基本的なふるまい方がもう絶望的に分からなくてアレでソレなので、そういうセオリー的なもののいろはくらいは知っておきたいですね。

まあほんと、もうちょっと覚えるべきことを覚えないとな、というのは痛感しました。いくらなんでもノー準備で╭*(๑˘ᴗ˘๑)*╮過ぎ。

とはいえ、ルールとセオリーを覚えたとしても実際に即体が動いていろいろ出来るようになるかっていうとそれはそうじゃないよなと。例えば、曲をコピーするときにフレーズを聴きこんで手順を整理して覚えたとして、じゃあすぐ弾ける (体が動く) かっていうと全然そうじゃない、ってのと似たようなものなんじゃないですかね。つまり実際に場数を踏まなきゃな。と。ね。

筆記用具とメモは必須

ゲームを進めていく中で様々な情報が出てくるので、それをメモる必要が生じてきます。ゆえに必須。

まあその情報を脳内できちんと整理出来るだけの処理能力がある人にはmustじゃないと思うけど、パニクり体質かつ記憶容量が少ない俺には間違いなく必須ですね…

あと関係ないけど恐らく

昨日の参加者の中で初めましてな方々には ごんぞ ではなく DJ もしくは 皿回しさん という名前で認識完了されたんじゃないでしょうか。いやDJって呼ばれても普通に反応してしまうのでいいんですけど。いいんですけど!

というわけで

暗黒人狼会、また夏にやるらしいので次回はもうちょっとまともに喋れるようになりたいですね。

幹事・GM・参加者の皆様方、昨日はどうもありがとうございました。本当に楽しかったです!